企業経営と経営戦略とは

アントプレナ密集地

経営戦略とは何か」との問いに対しての返答は、経営戦略の全体像が非常に大きな概念であるがゆえに、その説明は難しい。
経営戦略とは、「(企業が)明確な目的のもと、現状を分析し、将来に向けた自社(企業)の進むべき方向性を明示したもの」といえる。
経営戦略は、「環境適応のパターンを将来志向的に示す構想であり、企業内の人々の意思決定の指針となるもの」と定義されることもある。
誤解を恐れずにいうなれば、経営戦略とは、企業の進むべきシナリオを明示したものである。
経営戦略というシナリオには、「事業環境に如何に適合していくか」、「競合他社に対する自社の優位性をいかに確立していくか」、「目指すべき成長の方向性をいかに示すか」、「経営資源を如何に確保し、有効に配分するか」の4つの項目を明示しなければならない。
この4つの項目を明示していない経営戦略は、戦略とは呼べない。

経営戦略のシナリオの構成要素

航海

経営戦略とは、企業の進むべきシナリオを明示したものである。
経営戦略はあまりにも大きな概念であるがゆえに、いざ、経営戦略を立案しようとすると、途端に暗礁に乗り上げることも少なくない。
このような時は、シナリオを細分化して考えると解決の糸口が見つかることが多い。
経営戦略のシナリオを細分化する際の、構成要素は、「全社戦略」・「事業戦略」・「機能戦略」の3つである。
当然、3つの戦略は整合性を保っていなければならないが、この整合性を欠いた経営戦略が世の中に氾濫しているのが現実である。

全社戦略とは

全社戦略をおおざっぱに説明すると、全社戦略とは、「企業として進むべき方向性を示したもの」といえます。経営戦略論的に言うと、事業のドメインの選定といえます。 ドメインとは、企業の戦う場所を示したものです。つまり、全社戦略とは、自社の将来目指すべき姿を実現するために、どこで戦うのかという“戦う場所を選定する”ことを意味するのです。 事業環境を分析し、自社の活動分野を明確に選定し、そこへ経営資源を集中させることで企業の成長シナリオを描く作業が、全社戦略です。

事業戦略とは

全社戦略によって示されたシナリオを、事業単位として独自性を発揮して推進していくシナリオを作りが事業戦略である。 事業戦略とは、その独自性を求められることが一般的である。よって、事業戦略は、競合する他社が推進する事業に対し優位性を示すことが求められる。

機能戦略とは

機能戦略とは、事業戦略によって明確になった方向性に対して、各機能ごとに実際の事業活動レベルでの方向性を具体化させたものである。 機能とは、研究開発・生産現場・流通・営業・財務などといった区分のことである。組織図を作成している企業は、組織図の構成要素が機能となるケースが多い

ページトップへ
HPトップへ

経営戦略の構造

Information

TestSite.com MENU

inserted by FC2 system