組織行動学

組織に属する従業員達

「企業は人なり」
人とは、「経営者」を示すケースもあれば、「従業員」を示すケースもある。
会社は経営者の器よりは大きくならない。この名言は、人=経営者を示唆している。
「企業経営と組織行動学」は、企業は人なりの「人」を人=従業員というテーマでの学問といえる。
そもそも組織行動学とはなんであろうか。
一般的には、組織行動学とは、「働く人々の研究の成果を学問として体系化したもの」、「組織内で人々が示す行動や態度についての体系的な学問」を意味する。
組織行動学の特徴は、人という摩訶不思議な感情を持つ生態の集合体を研究する学問であるということである。
この特徴ゆえに、組織行動学は、いくつかの行動科学の研究の成果をベースとして成り立っている。
組織行動学が、個人・集団(社会)・組織レベルでの分析を必要とすることを学ぶと、心理学・社会学・社会心理学・人類学・政治科学といった行動科学をベースに組織行動学が研究されてきたことは、必然とさえ感じられる。
心理学は、働く人々(従業員)の動機付け、業績評価などを検討する際に必要となる。
社会学は、働く人々(従業員)のチーム、勢力、組織文化などを検討する際に必要となる。
社会心理学は、働く人々(従業員)の集団意思決定、集団過程などを検討する際に必要となる。
人類学は、働く人々(従業員)の比較態度、組織環境などを検討する際に必要となる。
政治科学は、働く人々(従業員)のコンフリクト、勢力争いなどを検討する際に必要となる。
組織とは、複雑怪奇な把握しにくいものだなーと感じるが、企業経営上、避けては通れない課題となるケースは実に多い。

働く人々(従業員)の行動を、説明・予測・統制

組織に属する従業員達

企業経営者(マネージャー)には、従業員の行動を、説明・予測・統制する能力が求められる。
組織を動かすことは非常に困難な作業である。
よって、組織行動学を体系的に学んだとしても、実践上は机上の空論に過ぎなかったといった事例は枚挙にとまない。
しかし、非常に困難な作業であればあるほど、原理・原則を知ることの意義は増すと私は考える。
適時、組織運営に関する各種テーマを選定しアップしていくので、組織運営上の課題に対する解決策、あるいは解決に向けた洞察の参考にして欲しい。

ページトップへ
HPトップへ

Information

TestSite.com MENU

inserted by FC2 system