Home企業経営と経営学企業会計財務

企業会計は2つに分類される。(財務会計と管理会計)

財務会計と管理会計

企業会計は、その使用目的によって2つに大別されます。
一つは、企業の業績を対外のステイクホルダーに開示するために作成される「財務会計」。
そして、企業の経営戦略や財務戦略を立案・実行・管理のために作成される「管理会計」です。
財務会計は、企業を取り巻くステイクホルダーに対しして、経営状況や財務内容を正しく開示することが求められます。
一方、管理会計は、企業内部での活用を前提としているので、企業独特のルール・ロジックなどに基づき作成されるケースも少なくありません。管理会計とは、経営管理手法で用いる、いち内部資料としての要素を強くもっており、経営判断等に活用されることが求められます。

財務会計と管理会計の違い

財務会計と管理会計

財務会計と管理会計の主な違いは前項に述べたとおりです。
もう少し具体的に財務会計と管理会計の違いに触れておきます。
財務会計と管理会計の違いは、その使用目的が違うことにに意識をフォーカスすると理解しやすいでしょう。
財務会計の目的は、企業の業績を外部に開示することです。したがって、財務会計は、透明性や正確性などが求められることとなります。
よって、財務会計は、透明性や正確性を客観的に具備するため、ルールに基づき作成することが求められています。
(一般的には、ルールに基づき処理されることは、最も客観的であり恣意性が排除されます。)
一方、管理会計は、企業の独自の基準やルールに基づき作成されるものです。社内にとって解りやすい資料であることが求められます。
(自分たちのルールは、最も理解しやすいものです。但し、客観性はないかもしれませんが・・・。)

財務会計と3つの法律

財務会計は、会社法・税法・金商法の3つの基準・ルールに基づいた作成・報告が求められます。
財務会計と3つの法律の主な関係は次の通りです。

財務会計の基本ルール

企業会計には、企業会計原則とよばれる原則があります。
財務会計のこの会計原則に基づき作成することが求められます。
ここでは、企業会計の一般原則を紹介します。
企業会計の一般原則とは、真実性の原則・正規の簿記の原則・資本取引と損益取引の区分・明瞭製の原則・継続性の原則・保守主義の原則・単一性の原則です。
企業会計の一般原則の内容は決して難しくないものとなっています。
しかし、奥の深い概念ですので、企業会計を学ぶ際には原則と各論を踏まえて学ぶことをお勧めします。

ページトップへ
HPトップへ

TestSite.com MENU

inserted by FC2 system