ナレッジマネジメント

アントプレナ密集地

ナレッジとは、知識を意味する。
知識経営?。何を意味するのかいまひとつピンとこない。
ナレッジマネジメントとは、『共有化された知識(情報)を活用し、付加価値の高い企業経営を目指していく経営手法』と解釈できないであろうか。
知識の共有化とは、「知識を体系化し、見える化すること」を示す。知識を見える化するとは、自由に組織の構成員が知識を検索できる状況を示す。
では、「知識を体系化し、見える化する」にはどうすればいいのであろうか。
「知識を体系化し、見える化する」には、組織の中にある知識を、ナレッジマネジメントの3S化(整理・整頓・躾)すれば実現できる。

ナレッジマネジメントの3S化

ナレッジマネジメントの3S化のプロセスは、次の2ステップで行う。
〔ナレッジマネジメントの3S化のプロセス〕
1stステップ:
組織内にある、知識を整理整頓し情報を集約する仕組みを構築する。
2ndステップ:
整理・整頓された情報収集場所に、適切に組織内の知識(情報)をアップし、且つ。
適切に活用する(知識を検索し付加価値の高いアイデアを創造する)躾を実施する。
これにより、ナレッジマネジメントの3S化は完了する。
しかしながら、このステップはITを活用せずには実現はできない。
ナレッジマネジメントを実施するには、「ナレッジマネジメントシステム」と呼ばれるシステム導入は不可欠である。
しかし、ナレジシステムを導入しただけでは、ナレッジマネジメントがうまくいくものではない。
システムを使いこなす企業風土の変革、パラダイムシフトが不可欠であることを忘れる企業経営者が実に多い。

ナレッジマネジメントの効果

航海

ナレッジマネジメントを適切に運営するためには、知識共有を可能とする技術的・人的インフラの整備が前提となる。
これをクリアーし、ナレッジマネジメントを導入した企業は、次のような効果を得られるといわれている。
〔ナレッジマネジメントの効果〕
・ 顧客への対応の良さが増加する。
・ 社員と業務の効率化が改善する。
・ イノベーションが向上する。
〜英国ナレッジ・マネジメント・ジャーナル誌のアンケート調査より〜



ページトップへ
HPトップへ

ナレッジマネジメントのポイント

Information

TestSite.com MENU

inserted by FC2 system